弊社でYouTubeチャンネル『MILKサッカーアカデミー東京校』を開設!

ノーミルク佐藤

1/8ページ
  • 2020.10.02

【日本代表10月招集】慎重派森保一監督が今回の招集で冒険しない当然の理由

 2020年10月1日14時、日本サッカー協会(以下、JFA)は、10月9日(vsカメルーン)、13日(vsコートジボワール)に行われるオランダ遠征の日本代表メンバー25名を発表した。初選出は2000年世代のDF菅原由勢(AZ/オランダ)のみで、ミルアカでも動画リリース済みの想定プランだったため、サプライズ選出はなかった。 今回の招集は初めてのオールヨーロッパ組と2010年代の日本代表の進化を裏付 […]

【清水エスパルス】岡崎慎が担える新たなビルドアップ!エスパルス流サリーダ・デ・バロン

【結論】岡崎慎への信頼が「可視化」しているならば…  今季の清水エスパルスは、開幕前・リーグ中断期間に盛り上がったように「まこ」と「ゆーご」のシーズンである。エンターテインメント&グッズの売上だけでなく、チームの攻撃の組み立てと最終防波堤も彼らが担うことになる。クラモフスキー監督が昨季の横浜F・マリノスのヘッドコーチである前提からすれば、DF岡崎慎は畠中槙之輔であり、CB立田悠悟はチアゴ・マルチン […]

  • 2020.09.17

MILKサッカーアカデミートークライブ復活!~毎月YouTubeメンバーシップでデータの真髄&シークレットゲスト等も~

ミルアカ劇場ライブ復活!  この度、ミルアカの劇場ライブを9/17(木)~復活させることになりました!2019年3月の大塚校からスタートしたリアルイベントも、2020年2月の渋谷・DAZN CIRCLE校を最後に、現況の世相を鑑みて約半年間の中断を余儀なくされましたが、この度衛星予備校的・奥座敷的に戻ってまいりました! YouTubeのメンバーシップ  ミルアカのYouTubeチャンネルのトップペ […]

  • 2020.02.23

サンフレッチェ広島/城福体制3年目、世代交代に成功して狙う次の目標

 昨シーズンは主力の選手が若返り同時に競争力が増した。MF稲垣祥の名古屋グランパス移籍以外、主力選手が残留し、既存戦力のバージョンアップを目指す。継続が1つの目標になりそうで、若手選手の活躍は去年以上に求めたいところ。若手だけでなく青山敏弘や柏好文を筆頭に一時代を築いた選手も控えていて相互作用すればトップ3も見えてくるだろう。 書き手:Y.K 編集:佐藤祐一 GK・DF  U-23日本代表のGK大 […]

  • 2020.02.23

ガンバ大阪/GAMBA ISM 真価の年、強いガンバ復活へ

  昨シーズン途中に3バックに布陣を変更したり、夏の移籍市場でメンバーがガラッと変わるなど、2019年は激動の年となった。攻守の要である三浦弦太と小野瀬康介の流出を回避して戦力のベースは維持された。移籍市場序盤は強化ポイントの補強が難航したが、各ラインに実力者が加わった。守備意識の高さを今年初めから追い求めて、キャンプから実践したようだ。昨シーズン序盤は失点が連続し、途中まではそれに尾を引くように […]

ヴィッセル神戸/ACLに初挑戦も連勝中!リーグ戦と並行する今シーズン最も大事なことは?

 新国立競技場で初めて行われた公式戦で天皇杯を制して初タイトルを獲得した。目標のACL出場権を得てクラブ創設25年目の今年初めてアジアに挑戦している。例年、冬の移籍市場を賑わせてきたが、今冬は大人しかったことで、違和感を覚えるくらいのオフシーズンだった。だが、時を遡れば昨夏の補強が的確に当たっており、現メンバーをベースに成熟を図った上で、同時に若手選手の成長を促すようにも見える。各ポジションに若手 […]

  • 2020.02.22

横浜FC/ベテランと若手の融合 13年ぶりのJ1で目指すはJ1定着

 2007年以来のJ1の舞台に立つ横浜FC。各ポジション共通して実績豊富なベテランから成長著しい若手まで幅広く揃い、全てが上手く共鳴しあえば目標であるJ1定着も現実味を帯びてくるはずだ。下平監督はビルドアップと前線からのプレスを志向しており、J1仕様のバージョンアップを目指す。J1定着の目標に向けて昇格組の第一関門である開幕戦勝利を成し遂げたい。 GK・DF  ベテランの南雄太がキャプテンに就任。 […]

  • 2020.02.22

横浜F・マリノス/アタッキングフットボール第3章 熟成と進化 強く激しく魅力的に

 前年度王者は4冠に挑戦するに当たって抜かりなく補強を敢行した。指揮官が求める選手が数多く揃い各セクションで盤石の体制が整った。獲得に至った大半の選手は昨シーズンJ2リーグで目立った活躍をした選手で尚且つチームのスタイルに合致する選手の集まりだ。昨年に主力選手は大方残りポステコグルー体制3年目まだ見ぬ世界の限界に挑戦する。 書き手:Y.K 編集:佐藤祐一 GK・DF  新加入の梶川裕嗣は足元の技術 […]

清水エスパルス/高校年代の静岡旋風に続いて新スタイルで飛躍の年へ

 伸び盛りの若手とベテランが融合し、躍進が期待された昨シーズンだったが、望外の結果を招いてしまった。社長や強化担当、監督など体制を一新して今シーズンに挑む。社長は異例の野球界から招聘し、GM にはセレッソ大阪を上位に導いた大熊清氏が就任した。そして監督にはポステコグルーの右腕として昨年J1優勝に貢献したピーター・クラモフスキー氏を招聘した。クラモフスキー氏は横浜F・マリノスで踏襲したハイラインハイ […]

  • 2020.02.22

サガン鳥栖/長くJ1で残り続ける為に大事な土台作りの1年に

 金明輝監督は、これまで2度シーズン途中から指揮することはあったがシーズン立ち上げ時から指揮を執ることは初めてだ。鳥栖のアカデミー時代にやってきたスタイルをトップチームで体現することを目指し4−3−3の布陣で戦う。各ポジションのレギュラークラスが移籍してしまったが、成長途中にある若手の実力者を獲得した。ネームバリューが目立つ強化から限られた予算内で「目指すスタイル」に合う選手が集まった印象だ。サガ […]

1 8