弊社でYouTubeチャンネル『MILKサッカーアカデミー東京校』を開設!

記事ランキングTOP15

  1. 【2019J2移籍情報】内定・加入・移籍・レンタル・満了・引退まとめ

    ※クラブ名・リーグ名をクリックすると、各クラブ・リーグの移籍ページへ! 明治安田生命J1リーグ J1 J2 J3 プレミアリーグ ブンデスリーガ ラ・リーガ セリエA リーグ・アン その他 リーグ名をクリックすると、各リーグの移籍ページへ! *形態  高→高卒加入、 大→大卒加入、昇→ユースからの昇格、 完→完全移籍、レ→レンタル移籍、了→レンタル満了、復→レンタルバック、 解→契約解除、満→契約 […]

  2. 【2019J1移籍情報】内定・加入・移籍・レンタル・満了・引退まとめ

    ※クラブ名・リーグ名をクリックすると、各クラブ・リーグの移籍ページへ! 明治安田生命J1リーグ J1 J2 J3 プレミアリーグ ブンデスリーガ ラ・リーガ セリエA リーグ・アン その他 *形態  高→高卒加入、 大→大卒加入、昇→ユースからの昇格、 完→完全移籍、レ→レンタル移籍、了→レンタル満了、復→レンタルバック、 解→契約解除、満→契約満了、引→引退 【PR】DAZNが独占放送!プレミア […]

  3. ジュビロ磐田が遂行すべきMF森谷賢太郎を擁した縦関係の瓦解プラン

     本コンテンツはYouTubeチャンネル「MILKサッカーアカデミー(通称ミルアカ)」の派生コンテンツである。長尺物は動画にて触れつつ、ショートな戦術改善プランをここでお届けする。今回のテーマは「ジュビロ磐田の森谷賢太郎」を攻撃の軸とすることで磐田のオフェンスにスムーズさが現れることをお伝えしたい。 松本戦のスタメン  GKカミンスキー、DFは右から高橋祥平、大井健太郎、新里亮、RWB小川大貴、L […]

  4. 第43回クラブユースサッカー選手権(U-18)大会|結果・順位表・得点ランク

    2019年7月21日に開幕したクラブユース選手権(通称クラ選)は、将来の日本代表、Jリーガーたちが”名乗りを上げる”大会だ。2016年大会に当時中3のFC東京U-18FW久保建英(現レアル・マドリード)が得点王に輝いたり、昨季得点王に輝いた大宮ユースWB吉永昇偉(現・大宮アルディージャ)は大会を経た1年後の7月13日、遂にトップチームでのゴールを決めた。今年は誰が輝くか、日程結果・各試合での得点者を踏まえながら見ていこう。

  5. 【2019J3移籍情報】内定・加入・移籍・レンタル・満了・引退まとめ

    2019年J3リーグ所属チーム移籍動向 ※クラブ名・リーグ名をクリックすると、各クラブ・リーグの移籍ページへ! 明治安田生命J1リーグ J1 J2 J3 プレミアリーグ ブンデスリーガ ラ・リーガ セリエA リーグ・アン その他 *形態  高→高卒加入、 大→大卒加入、昇→ユースからの昇格、 完→完全移籍、レ→レンタル移籍、了→レンタル満了、復→レンタルバック、 解→契約解除、満→契約満了、引→引 […]

  6. 【久保建英】メガクラブでのレギュラー奪取へ現実的選択をとった解とその理由

     「徹底した逆算思考」が答えの全てではないか。少なくとも『現在』を積み上げだけの結論とは思い難い。野球やサッカーの展開には筋書きのないドラマがある。それは研鑽を積んだ各々が互いに違うベクトルへ歩みを進めた結果生じたねじれが成すものだと解することができる。しかし、ロジカルに事を進めることができる場合、ピッチ上でも人生でも徹底したリアリズムが刻まれる。

  7. 【第2回】ミルアカユーザーアンケート

    第2回のユーザーアンケートを実施します!前回行わせていただいた第1回の内容に関しては、「ミルコミュ#6」にてお話させていただきますね! 読み込んでいます…

  8. 【トークライブ@渋谷ロフトナイン】リスナー全員とご協力各社への感謝と『裏話』

     「あ、どうも井上マーです、ノーミルク佐藤です。あなたのサッカー脳をアップデート。起きたら毎日届いてる、MILKサッカーアカデミー本日も開講です!」  2019年9月15日に行われたミルアカトークライブ~マルチアングルサッカー~ supported by 亀田製菓のイベント、無事終了致しました!ありがとうございました!今回は感謝に加えて、ちょっとした裏話な記事として、皆さんに返させていただければな […]

  9. 【トークライブ】ありがとうございました!&佐藤からの超急遽告知

    ミルアカトークライブを行いました!  トークライブを行いました!ご参加いただいた皆様ありがとうございました!今回は、「試合を見ながら『なぜ』と『流れ』がわかる回」と題してお話させていただきましたが、一言で置き換えれば「試合開始前の配置段階で仮設を立ててみよう!」ということでした。 よほどなミスを除けば、試合内に因果関係というのは存在するのです。「なんで?!」「どうしてこんなことが…」だったり、試合 […]

  10. 【中村敬斗】オランダ・エールディビジの放送・配信はDAZN(ダゾーン)とフジテレビNEXTどっち?

     2019-2020夏の移籍市場でFW中村敬斗がJ1ガンバ大阪からオランダ・エールディヴィジのトゥエンテに移籍した。小学6年時には「スキルズテスト」を経て、イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドほ本拠地であるオールド・トラッフォードでのトレーニングも経験したことのあるアンダー世代の逸材の動向が気になる方も多いのではないだろうか。 エールディヴィジの放送・配信  昨季2018-2 […]

  11. 【パリ五輪世代】U18日本代表候補キャンプ開催決定!FW染野唯月、MF武田英寿、SB吉馴空矢らを招集!

     日本サッカー協会は、Jヴィレッジでトレーニングキャンプを行うU18日本代表候補メンバーを発表した。期間7月は7日から10日にかけて実施され、最終日の10日にいわきFCとトレーニングマッチを行う予定となっている。  以下、スタッフとメンバーを確認しつつ、その後、3月に行われたミルアカトークライブにて佐藤が打ち出したこの年代の序列表と照らし合わせていただき、誰がどのように変化したのかについても言及す […]

  12. 【ミルアカ的月刊「ベガルタ仙台」】6月全勝の理由と進化を遂げるLSB永戸勝也

     序盤で勝ち星をとりこぼしたベガルタ仙台だが、その背景には「3バック」でブレイクスルーさせたい指揮官と真価を発揮できない選手たちがいた。特にアウェイでの敗戦が続き、負傷者の発生やMF椎橋慧也にトゥーロン国際大会代表メンバー招集など、全体バランスの補完関係に歪みが生じた。そんな5月末に4バックへモードチェンジするとこれが奏功。6月のリーグ戦では破竹の4連勝を飾って月間全勝を達成すると共に、ホーム6連 […]

  13. 【ミルアカトークライブ】「移籍のすすめ」→NEXT6/20(木)@大塚

    6月開催概要  Jリーグ各クラブが本当に獲得しておかねばならないポジションはどこか、そしてその対象とは誰か。チームを一つの会社と見立て、一つの提案としてお話します! チケット購入はここをクリックだ! 過去開催分の様子 Coming Soon…

  14. 【ミルトト15】#12~夏のウインドー期間前の最終戦~

    松本山雅vsジュビロ磐田  下位を脱出したい両チームは直近(勢い)6試合で1勝2分の松本と2分で勝ち星のない磐田と、互いに元気がない。深刻なのはやはり磐田で、この期間内に2得点しかできておらず、12失点を喫してしまっている。  ホームの松本は9試合2勝2分、5得点の攻撃陣を手放しで尊ぶことは出来ずとも、11失点と守備に一日の長がある。対するアウェイでの磐田は9試合2勝1分3得点11失点と成績は類似 […]

  15. 【ドラフット】データと戦略と愛情でサッカーを楽しむゲームの構築へ【ドラフト会議】

     先日、ドラフト会議を行いました!(※この「ドラフット」や今回の企画にご参加いただいている方々に関しての詳細は下の方にて)今回は、佐藤が一体どのような人選を行ったのか。選んだメンバーやその意図についてご説明したいと思います。 根幹をなす考え方  今回は主催かつ企画の発案者ということもあり、確実に勝利するためのポイントを考えました。 ・ディフェンシブな選手がやや有利 ・得点力orはっきりしたデータの […]

  16. 【ドラフット#001】ミルトト選手版!~データで選手を考えることに慣れてみませんか?~

    データで「選手を選出する」とは?  海外では主にスポーツにおいて広く親しまれる「ファンタジースポーツ」を皆さんは御存知だろうか。端的に言えば「活躍すると思う選手」を11人選択し、活躍度合いに応じて各選手に付与されるポイントの合計を競う戦略ゲームだ。  日本ではYahoo!において「ファンタジーサッカー(後にファンサカ、ファンサカJ2、野球版のファンタベ)」として親しまれたが、現在は「ファンタジーサ […]

  17. 【ドラフット第16節の結果と17節開催のお知らせ】

    第16節のデータポイント上のトッププレイヤーは… CB畠中槙之輔選手 CB平岡康裕選手 でした! そしてこちらの画像が、ベストイレブン並びに高ポイントプレイヤーたち! ポイントルール  お待たせ致しました!ポイントが出揃い、現在皆さんの集計を行っているところです(後ほどこの点後述)。 そういえば、ポイントの集計についてお伝えしておりませんでした。  チーム的には、勝敗&ジャイアントキリングの達成( […]

  18. 【谷尾昂也】得点感覚を取り戻した嗅覚型オールラウンダー、9年目の回答

    子供の頃に憧れたスーパースターの形とは違うのかも知れない。しかし、自らを鼓舞し、成長させ続けて返り咲いた男のリアルな生き様は令和の時代におけるスターの形かもしれない。