弊社でYouTubeチャンネル『MILKサッカーアカデミー東京校』を開設!

「日本代表」の検索結果 13件

1/2ページ

意外性皆無だが3年後のベース作りに取り組み始めた日本代表|9月シリーズメンバー考察

○GK ▼招集 ・シュミット・ダニエル(シント=トロイデン/ベルギー) ・権田修一(ポルティモネンセ:ポルトガル) ・川島永嗣(ストラスブール:フランス) ▼主な招集外 ・大迫敬介(サンフレッチェ広島)※U22招集 ・中村航輔(柏レイソル) ・東口順昭(ガンバ大阪) 遂にGK3人全てが海外所属選手となる、日本史上初めての出来事が発生。 大迫敬介をベンチ過ごさせるよりは試合に出場させること、リーグ戦 […]

【パリ五輪世代】U18日本代表候補キャンプ開催決定!FW染野唯月、MF武田英寿、SB吉馴空矢らを招集!

 日本サッカー協会は、Jヴィレッジでトレーニングキャンプを行うU18日本代表候補メンバーを発表した。期間7月は7日から10日にかけて実施され、最終日の10日にいわきFCとトレーニングマッチを行う予定となっている。  以下、スタッフとメンバーを確認しつつ、その後、3月に行われたミルアカトークライブにて佐藤が打ち出したこの年代の序列表と照らし合わせていただき、誰がどのように変化したのかについても言及す […]

DAZN「#俺のUCL神推し」~ミルアカ的推しメン~

 DAZNからメールが届いたんですよ。  チャンピオンズリーグ開幕に際し、Twitterでのキャンペーンにご協力をお願いできないでしょうか? やる以外なくない? ということで今回は9月17日に開幕するチャンピオンズリーグの推しメン達をご紹介していきたいと思います!海外なんて興味ないぜ!という方にこそ読んでいただけるように、現役のJリーグの選手達になぞらえたテイストで、書いていきますので、お楽しみく […]

【小池龍太】武蔵野、福島、山口、柏が生んだ日本サッカー史上最高のステップアッパー

  高校卒業後にイメージしていた自身の姿は、J1の舞台で活躍することだった。しかし現実は、アマチュア選手として生計を立てつつJFLでプレーすることとなった。「賭け」と捉えた自らのアクションを成功の形として手繰り寄せる。J1はおろか、ACLの舞台も経験し、海外からオファーが来るまでに成長を遂げた。「僕の人生は濃い」と語る小池龍太の成長過程とは。 毎朝校庭で中島翔哉とボールを蹴っていた日々  1995 […]

  • 2019.07.27

久保建英の活躍やプレミアリーグなど、海外サッカー配信・放送が見られるのはどこで?

 中田英寿が欧州へ渡って20年以上が経過した。日本代表ではスタメン全員がヨーロッパ所属クラブ選手となる試合が発生するなど、ここ最近で特に海外へ赴く選手が増えた。特に2019-2020シーズン開幕前にはJリーグから約10名がヨーロッパへと渡った。これだけ増えると思うのは、各選手の活躍を見られるのはどこか。今回は、各配信サービスごとに「どのリーグ」を見ることができるのか確認してみましょう。 配信・放送 […]

第43回クラブユースサッカー選手権(U-18)大会|結果・順位表・得点ランク

2019年7月21日に開幕したクラブユース選手権(通称クラ選)は、将来の日本代表、Jリーガーたちが”名乗りを上げる”大会だ。2016年大会に当時中3のFC東京U-18FW久保建英(現レアル・マドリード)が得点王に輝いたり、昨季得点王に輝いた大宮ユースWB吉永昇偉(現・大宮アルディージャ)は大会を経た1年後の7月13日、遂にトップチームでのゴールを決めた。今年は誰が輝くか、日程結果・各試合での得点者を踏まえながら見ていこう。

Pickup 中村敬斗

【中村敬斗】オランダ・エールディビジの放送・配信はDAZN(ダゾーン)とフジテレビNEXTどっち?

 2019-2020夏の移籍市場でFW中村敬斗がJ1ガンバ大阪からオランダ・エールディヴィジのトゥエンテに移籍した。小学6年時には「スキルズテスト」を経て、イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドほ本拠地であるオールド・トラッフォードでのトレーニングも経験したことのあるアンダー世代の逸材の動向が気になる方も多いのではないだろうか。 エールディヴィジの放送・配信  昨季2018-2 […]

  • 2019.06.25

【ネクストステップ】新シリーズと新展開について|佐藤のブログ

7月から行う新シリーズは「月刊」シリーズとなります。普段動画の多くを見てくださるような登録者、フォロワーの皆さまや、この記事を読んで下さる皆様は形は違えど仲間であり、同志です。僕は試合を切り取った戦術や一チームだけを愛することはできません。ただ、国内全プロクラブに加えて海外リーグや高校・大学・ユースなどの情報を踏まえてサッカーを見てほしい、試合の一箇所を切り取ってそわそわするのではなく、チームや選手の成長を一緒に眺めながら”ちょっと楽しい毎日”を過ごせるようになってもらいたいのです。

【ウルグアイ戦】森保ジャパンのスカウティングとポジショナルプレー~最も成長を求めるべきは監督自身~

「メディアの方にはどんどん言っていただきたい」というのならば、我々が明確な解を徐々に発信し続けることが日本代表を強くさせられるポイントになるかもしれない。甘めというか愛情と熱でやってきたミルアカも、約1年がそろそろ経過する。熱の愛情はそのままに、辛さという新たな味の投入も考えてみてもいいのかもしれない。

【久保建英】メガクラブでのレギュラー奪取へ現実的選択をとった解とその理由

 「徹底した逆算思考」が答えの全てではないか。少なくとも『現在』を積み上げだけの結論とは思い難い。野球やサッカーの展開には筋書きのないドラマがある。それは研鑽を積んだ各々が互いに違うベクトルへ歩みを進めた結果生じたねじれが成すものだと解することができる。しかし、ロジカルに事を進めることができる場合、ピッチ上でも人生でも徹底したリアリズムが刻まれる。