弊社でYouTubeチャンネル『MILKサッカーアカデミー東京校』を開設!

「日本代表」の検索結果 23件

1/3ページ

意外性皆無だが3年後のベース作りに取り組み始めた日本代表|9月シリーズメンバー考察

○GK ▼招集 ・シュミット・ダニエル(シント=トロイデン/ベルギー) ・権田修一(ポルティモネンセ:ポルトガル) ・川島永嗣(ストラスブール:フランス) ▼主な招集外 ・大迫敬介(サンフレッチェ広島)※U22招集 ・中村航輔(柏レイソル) ・東口順昭(ガンバ大阪) 遂にGK3人全てが海外所属選手となる、日本史上初めての出来事が発生。 大迫敬介をベンチ過ごさせるよりは試合に出場させること、リーグ戦 […]

【パリ五輪世代】U18日本代表候補キャンプ開催決定!FW染野唯月、MF武田英寿、SB吉馴空矢らを招集!

 日本サッカー協会は、Jヴィレッジでトレーニングキャンプを行うU18日本代表候補メンバーを発表した。期間7月は7日から10日にかけて実施され、最終日の10日にいわきFCとトレーニングマッチを行う予定となっている。  以下、スタッフとメンバーを確認しつつ、その後、3月に行われたミルアカトークライブにて佐藤が打ち出したこの年代の序列表と照らし合わせていただき、誰がどのように変化したのかについても言及す […]

  • 2020.02.23

サンフレッチェ広島/城福体制3年目、世代交代に成功して狙う次の目標

 昨シーズンは主力の選手が若返り同時に競争力が増した。MF稲垣祥の名古屋グランパス移籍以外、主力選手が残留し、既存戦力のバージョンアップを目指す。継続が1つの目標になりそうで、若手選手の活躍は去年以上に求めたいところ。若手だけでなく青山敏弘や柏好文を筆頭に一時代を築いた選手も控えていて相互作用すればトップ3も見えてくるだろう。 書き手:Y.K 編集:佐藤祐一 GK・DF  U-23日本代表のGK大 […]

  • 2020.02.23

ガンバ大阪/GAMBA ISM 真価の年、強いガンバ復活へ

  昨シーズン途中に3バックに布陣を変更したり、夏の移籍市場でメンバーがガラッと変わるなど、2019年は激動の年となった。攻守の要である三浦弦太と小野瀬康介の流出を回避して戦力のベースは維持された。移籍市場序盤は強化ポイントの補強が難航したが、各ラインに実力者が加わった。守備意識の高さを今年初めから追い求めて、キャンプから実践したようだ。昨シーズン序盤は失点が連続し、途中まではそれに尾を引くように […]

ヴィッセル神戸/ACLに初挑戦も連勝中!リーグ戦と並行する今シーズン最も大事なことは?

 新国立競技場で初めて行われた公式戦で天皇杯を制して初タイトルを獲得した。目標のACL出場権を得てクラブ創設25年目の今年初めてアジアに挑戦している。例年、冬の移籍市場を賑わせてきたが、今冬は大人しかったことで、違和感を覚えるくらいのオフシーズンだった。だが、時を遡れば昨夏の補強が的確に当たっており、現メンバーをベースに成熟を図った上で、同時に若手選手の成長を促すようにも見える。各ポジションに若手 […]

  • 2020.02.22

コンサドーレ札幌/センターラインに期待の大卒トリオ 既存メンバーの熟成で初タイトルへ

 一昨年クラブ史上J1最高位の4位、昨シーズンクラブ初のルヴァン杯決勝進出と着実にチームレベルが上がってきているプロヴィンチャクラブがリーグ初制覇を目指す。好循環が進む中で移籍市場の賑わいを横目に、期待の大卒内定選手3人とともに、連携構築を施した。昨年、既にデビュー済みの選手もいれば日本代表のユニフォームに袖を通したものもいる。名将ペトロヴィッチ監督の手腕に期待したい。 書き手:Y.K 編集:佐藤 […]

  • 2020.02.22

鹿島アントラーズ/「新スタイル」で目指す常勝鹿島の挑戦

 4冠の可能性を残しながら、続出する負傷者や主力メンバーのスタミナロスも伴い、最終的に無冠となった。常勝鹿島が迎えた転換期、鈴木満フットボールダイレクターは主導権を握るサッカーを追い求め、それに値する監督としてRBブラガンチーノ(ブラジル1部)からザーゴを招聘した。レッドブルグループ出身さながらのアグレッシブで縦に速いサッカーを志向し各セクションで明確な戦術が期待される。即戦力から高卒まで長期的な […]

STOP青森山田、令和初の大会の結末|第98回高校サッカー選手権

 第98回全国高校サッカー選手権が遂に開幕、47の都道府県の予選を勝ち上がった代表校が1月13日の決勝戦を目指す高校生活最後の大会。昭和から平成を経て令和の時代へ、多くのプロサッカー選手や関係者、世界へ羽ばたくプレイヤーも排出した、日本サッカー史上最も歴史と伝統のある大会の一つと言っても過言ではない。高校年代のプレミアリーグなどの制度整備がなされ、リーグ文化やピラミット型が浸透し、チームレベルが明 […]

理論型ハートドリブン監督・城福浩の決断力 と「決別する覚悟」

 2019年8月17日アウェーFC東京戦の後半12分、MF青山敏弘が投入された。アジアカップでの負傷以降戦列を離れていた彼を東京戦での本格復帰させるため、リーグ戦2試合前の札幌戦から試運転を開始させていた。  投入から3分後、その青山が起点となり、最後はLWB柏好文がゴールを決めた。しかし、柏に笑顔はなかった。あと30分。1年前の9月22日、終盤戦大失速の原因をつくったFC東京戦に勝利することがこ […]

横浜F・マリノスが超攻撃的サッカーの結実と優勝を同時達成できた理由

 2019年明治安田生命J1リーグは12月7日を以って全日程を終了し、横浜F・マリノスが15年ぶりの優勝を果たした。昨年よりアンジェ・ポステコグルー氏が就任したチームは、アタッキングフットボールと呼ばれる超攻撃的サッカーに変貌し、大きな話題となった。1年目は理想先行で残留争いとなったが、2年目の今季は、ピンポイント補強やバージョンアップされた戦術を駆使して観る者全てを魅了するフットボールを披露した […]

1 3